2014年04月 のアーカイブ

2014年4月18日 15時15分27秒 (Fri)

マスク

風邪が流行っていますね(^^;)


インフルエンザもまだ聞きます。

腸炎もはやっているようで

近所の学校でも10数人欠席者がでているとか。


冬のイメージでしたがずれ込んでいるんでしょうか。


咳をしている方も本当に多いですね。

患者さんのマスク装着率がかなり高いです(^^;)


私も一昨日から

ノドがいがらんでいたので

夕食を抜いて消化器を休ませました(^^)


年中、おいしく料理もお酒もいただいているので

一食抜くのでも珍しいことなんです(^^;)

これが良いあれがダメと気にせず

食べたいもの、おいしいと感じる物をいただくスタイルなのですが、

近頃ベルトの穴が広がってきましたので

節制するところはしないといけないなぁと感じています(^^;)



唾をのみこむとノドの左側がヒリヒリ…

何かすると急にむせそうになり、

昨日から久々のマスク姿です(^^;)


昨晩は46℃のお湯に

くるぶしまで浸かって

足湯をしました。


今日の昼休みも同じように足湯をやって、

今はずいぶん楽になりました。



お薬を塗ったり、飲んだりする前に

足湯やってみてください(^^)


芯から温まる心地よい感じ、

息が吸いやすいノドがすっきりする感じ

即効性あるな〜、と実感できますよ(^^)



2014年4月14日 20時38分45秒 (Mon)

太陽神経叢

毎日温度差がかなりありますね(^^;)


そのうえ年度初めで何かと忙しいかと思います。


体調がととのえづらく

花粉症なのか風邪なのかわからない…と

多くの方が咳やくしゃみ、鼻水に悩まされているようです。



肋骨周辺が固くなっているので

胸郭(あばらのカゴ)を広げるように伸ばしてください。


深い呼吸で横隔膜を動かして

お腹の自律神経を整えてあげましょう(^^)


疲れて帰ったときほど

少しだけでも時間を取って

体操や呼吸で次の日に持ち越さないように

リセットしてくださいね(^^)



2014年4月8日 21時40分03秒 (Tue)

スポーツの春

一昨日の日曜、舞洲アリーナで極真空手の大阪大会があり

息子が出場しました。

12月の神戸大会に続きデビュー2戦目。


初勝利を期待しましたが、


初戦敗退…

残念な結果に終わってしまいました(^^;)

でも、成長が見えて非常に有意義な大会でした!

子供の本気が見れてうれしかったです。



患者さんからもバスケット、サッカー、ハンドボール、野球と様々

大会などの様子をうかがっています。


やはり春は大会目白押しですね!


ボーイズリーグの全国大会へ行っていた患者さんが

真っ黒に日焼けして見えました。

もちろん痛めて来院されてるのですが

以前より逞しくみえました。



サッカーでも公式戦間近に膝を痛めて、

しばらく練習を中止していた学生の患者さんが

晴れてスタメン出場、しかもゴールを決めたと

嬉しい報告をいただきました(^^)


今週末は12日土曜に正道会館主催の空手の大会

全日本Jr・女子・マスターズ大会が

ボディメーカーコロシアムで行われます(府立体育館)

患者さんで2名出場されるので非常に楽しみなのですが、

その日は、朝から勉強会なので観に行けないのが残念です…。


皆さんが頑張る姿、掛ける想いを垣間見て

日々逆に元気をいただいてます(^^)



皆さんの健闘と

何よりケガのないことを祈っております。

頑張ってください!!


2014年4月1日 21時30分32秒 (Tue)

やりたい事とやりたくない事

4月になりました。

新たな一年のはじまりです(^^)

入学や就職など

まさに新生活をスタートされた方も多いと思います。


環境が新しくなり

フレッシュな気持ちの中にも、

今までの環境や仲間との別れがあり

切なかったりもします。


私はずっとここにいて

環境はほぼ変わりませんが…(^^;)




なにかを簡単に始めて

簡単に辞めるということができません。

不器用なので(^^;)

良く言えば慎重。

本当は臆病で腰が重いだけかもしれません(^^;)



だから

環境が変わるからと言って

変わったからと言って

大事なものをサッと捨てる気にはなれません。


   仕事だったら生活がかかっていますので

   時には身を引くのも大事でしょうけど…。


何の話か分かりにくいですね(^^;)

特定の誰かや出来事に向けて言っているのではございません。



学生なら部活や習い事

社会人でしたらプロではないスポーツの現場

スポーツ以外でもいろいろあると思うシュチュエーションの中で


芯というか、軸とというか

自分のルーツになり得る部分。



そういう情熱を傾けてきたものを

風向きが悪くなったからといって

サッと捨てて身を引いてしまうというのは分からない。


続けてほしい! というお話です(^^;)


    

太く短く、が良いのか

細〜く続けるのが良いのか分かりませんが


年数を重ねれば重ねるほど

自分の事だけでとどまらなくなります



頑張れば頑張るほど、

どんどん周りを巻き込んでいきますよね。



師匠はもちろん


仲間、後輩、その家族や知り合い、本当に他人、という人までも(ファン)




自分のためなんですが

自分だけじゃないと思うんです。



そう習ってきたし、つくづくそう感じます。


だから勝手に辞めたり諦めたりできないんです(><)

自分のためであって自分ではない。


オリンピックなんてその最たるものじゃないでしょうか。


自分のために一生懸命やって

一番になって代表になって


知らない人も応援してくれて


テレビや雑誌に取り上げらて


マスコミやファンに追いかけまわされたりして


素晴らしい成績を残したなら

信じられないほどの賞賛を浴びて

時の人になり、


期待に添えないと

知らない人に非難を受けたり罵声を浴びせられたり

家族にも嫌がらせがあったり


競技以外のところでも

服装や態度が悪いと

マスコミに叩き潰されたりもします。

  
    ※あくまでイメージですが…(^^;)



俺は自分のためにやってるんだ!

あんたらのためにやってないよ!と言ってもダメです。




そこにはもう、責任が生じてるんです。


そして、プロではないのに、です。




個人でありながら個人ではない。


自分の人生なのに…。


人は勝手に期待しているのですが


期待されるということは


期待させたということです。




センスがある人ほどいなくなる。


もったいない、と惜しまれつつ


センスのある人は、なぜか辞めてしまう。


そんな印象です。




飽きたから辞めてしまうんでしょうか

もっと楽しいことが見つかったから、

始めから面白くなかったのかもしれませんが…


遊ぶ自由な時間がほしかったのか…


やらされてやってきたんだろうか

楽しさは見いだせなかったのか、とか


誰のためにやってたんだろう


心底嫌いになったのか、など


その時々で

私なりに、いろいろ考えますが

結局本当のことは分かりません。




    
そういう場面になぜかたくさん出会うのは


私がたぶんどこでも


細く長く居座っているからでしょう…(^^;)




環境が変わって

忙しくなったり

飽きたって

いずらくなったって

回数が減ったとしても



続けてほしいと思います。



応援している人はいる。

期待している人もたくさんいる。


辞めるときは清々しく去ってほしいし、去りたい。

嫌なものは残さず。


続けて


情熱を注いで

晴れ晴れとした姿を見せてほしい、と感じます。


本当に

誰の?とか特定の方の話では無いです。



こういうシュチュエーションに度々

居合わせている気がしていて

寂しくなってしまいますので


綴ってしまいました(^^;)



自分の人生なので、自分の思うとおりに選ぶことが

一番大事なのは重々承知です。

ただ、その自分の出した答えはオール正解、

未来永劫、過去オール善、なのですが


応援している人がいることも忘れないでいただきたいと思います。














 






自己紹介

プロフィール画像
本山 久司 
人体力学 井本整体
体操指導者


中・高等学校
保健体育教員免許


柔道整復師





患者さまへ
ベッドを並べてマッサージするようなことは致しません。    私が一人一人のお体を責任を持って操法(施術)いたします。
治らないと諦めている症状、鎮痛剤やマッサージで誤魔化している症状などもご相談ください。

スポーツに力を入れている方にも様々な方面でサポートできます。私自身もフルコンタクト空手とラグビーをやってきて、競技力の向上やメンテナンス、治療などを模索してきた経験があります。
競技成績
極真空手(松井派) 

2004
第6回大阪選手権  優勝

2009
兵庫県大会     優勝

2012 
全関西大会     四位

第38回全日本大会 出場




大学ラグビー

千葉県大会     優勝

関東大学ラグビー2部    
住所
〒594-0071
大阪府 和泉市府中町  5−8−17

TEL 0725-26-0044

ブログ ✍

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

カテゴリー

アクセス数
ページビュー数