2017年01月 のアーカイブ

2017年1月25日 8時26分47秒 (Wed)

ケンシン

ケンシン画像 患者さんから検診や健診の話をよく伺います。


自主的に受けられている方と


職場で強制的に受けさせられている方と。



職場で強制されるのは


極端な話ですが、過労死して裁判になったときなど



検診を受けていたかどうかが焦点になるので


厚労省が厳しく検診を義務付けているからでしょう。




では自主的に受けられている方は


当然のことながら


「健康のために」ですよね。


早期発見・早期治療を目指して。



または今ある不調の原因を

突き止めるため。



しかし、原因がわからないとなると


次はこの検査、次はこれ、と。


結局わからなかったということも少なくありません。


日々進歩している医療もそれを支える検査機器があっても


慢性疾患や生活習慣病に関しては、


患者数は増える一方、医療費はかさむ一方で


医療は、ほとんど進歩していないのが現実です。


原因が分からないことがあっても不思議ではないのです。



そして、


悪いものを見つけるための検査なので



『体に悪いわけがない』と


思ってらっしゃる方も多いと思います。


みなさんご存知の放射線はどうでしょう?


CTでもレントゲンでもPETも放射線を使用します。



「放射線は発がん性物質」とは皆知っていても、



医療で行う検査なので



『危険なはずは無い』と思いますよね。


『たまにしか受けへんから大丈夫やろ〜(笑)』と



思っている人も多いと思います。


たとえば胸部CT検査で受ける放射線量は

約10ミリシーベルト。



大腸のレントゲン検査は約15ミリシーベルト



マンモグラフィーは約3ミリシーベルト



ミリシーベルトって数字みても、


実際にはピンと来ませんよね、私もそうです(^^;)



では、原発事故で国が避難するように指示した被ばく線量と

比べてみましょう。



ここは被ばくする危険がありますから離れてください!という基準です。



それは年間20ミリシーベルトです。



検査で受けている線量と遠い数字ではありません。



検診や検査、普段の通院で

知らぬ間に越えてしまっていても不思議ではありません。




ゾッとしますよね(⁻⁻;)



海外の医療機関では、日本の検査の多さ、


医療被曝は以前より指摘されています。


それでも疾病によっては


早期発見・早期治療が命を救うこともあるので


検査が重要なものもあるとは思っています。




健康保険制度が維持できないので



患者負担割合を引き上げたり


医療費削減の為、たびたび改正が入るのですが、


ムダな検診や検査はいっこうに無くならない。



なんででしょうか…(⁻⁻;)


そのナゾはさておき…



そもそも病気になってから



処置や治療を考えるのではなく


日々の生活の中で起きる様々な不調などの変化に対応できる



知識や方法を少し学んで、



普段から体を整えることが何より大切だと



私は思います。




2017年1月17日 14時42分59秒 (Tue)

ラグビー観戦

ラグビー観戦画像 日曜日、この辺りは幸い雪が積もりませんでしたが



風が強く、強烈に寒かったですね(^^;)



あの極寒の中、



子どもを連れて花園ラグビー場へ行きました。





大学の後輩がアシスタントS&Cを務める



イーストリーグ1位の



三菱ダイナボアーズの応援です。






神奈川県相模原のチームですが、


上位リーグ昇格をかけた大事な一戦とあって


沢山のダイナボアーズサポーターが


応援にかけつけていました。




途中、雪が舞ってきましたが



良い試合で、寒いのを忘れて試合に見入りました。



あまりに白熱して


応援グッズを振り過ぎて壊してしまいました(^^;)






結果は残念ながら自動昇格を逃しましたが、


入れ替え戦に期待しています!










近鉄 東花園駅からラグビー場まで



2019日本開催のラグビーワールドカップの文字が



至るところで目につきました。




これから更に盛り上がっていくことでしょうね!




みなさんも2年後の




日本開催のワールドカップに乗り遅れないように




今からラグビー観戦いかがですか?




生で観ると迫力ありますよ〜(^^)




ついつい歓声をあげてしまいます。






発散にもなりますのでオススメです(^^)


2017年1月17日 11時02分53秒 (Tue)

坐骨神経痛

坐骨神経痛画像 坐骨神経痛



良く耳にする症状の一つだと思います。



以前に悩まさていた方、現在進行形の方



いらっしゃると思います。




代表的な症状として



腰やお尻、下肢の痛みやしびれですが、



整形で注射してもよくならなかったとか、


薬を飲んでいるけど変わらないとか



他所でマッサージを受けているが治らなかった…。


もしくは酷くなった。



などの相談をしばしば受けます。




グイグイモミモミしてもよくなりません(‐‐;)



たまたま良くなった人が居ても



それは本当に、


たまたまです。




ちゃんと、



体のことが分かる人に診てもらいましょう(^^)




そして整形外科で処方される薬についてですが、、、。




1月8日のMEDLEYニュースに興味深いものが出ていました。



ちなみにMEDLEYニュースとは、



数百名に及ぶ医師たちがつくるオンライン病気事典です。


      

その見出しタイトルで


【坐骨神経痛に痛み止めはプラシーボ効果と同等】という



坐骨神経痛に対する痛み止めの有用性の記事でした。






まず痛み止めのことですが、


名前のとおり


痛みを軽くする、炎症を抑える効果を期待されるお薬です。





その多くはNSAIDsに分類されるものらしく


病院で広く処方され、市販薬にも含まれているもので




あの有名な『ロキソニン』や『ボルタレン』もNSAIDsです。




研究班が坐骨神経痛にNSAIDsを試した900人規模の



研究のデータを統合し、効果を検討した結果、



「NSAIDsが痛みを減らす効果は有意ではなかった」


と結論づけました。


さらに


「坐骨神経痛に痛み止めはプラシーボ効果と同等」



ハッキリ言うと、



『坐骨神経痛に 痛み止めは 効かない!!』



小麦粉や片栗粉を飲むのと変わらなかったとの事です。



以前より、神経の異常が原因で生まれる痛みには



効きにくいとされていますが、



それでも処方されるケースが多いようですね(^^;)




効果がないだけなら良いですが、


薬には副作用があるのです。



この研究でも



多く副作用の可能性がある症状が



みられたことを取り上げていました。


効果がないのに、副作用って…(⁻⁻;)




痛みの度合いにもよりますが、




薬で手っ取り早く



痛みをゴマカそうとするのは



やめたほうが良いですね。






情報が無い時代ならいざ知らず



なんでもかんでも




薬を飲んどけば大丈夫、という考え方を




捨てるときが来ているのではないでしょうか…。




体の中に治す力があるのに



眠らせたままにしているのは勿体ないです。



使うなら、体の中の薬(治癒力)を使いましょう。






2017年1月4日 18時29分07秒 (Wed)

新年

明けましておめでとうございます。

正月休みの夜更かしや

食べ過ぎ、飲み過ぎなどで

体調がいまいち優れない…なんていう方も

少なくないと思います。

ギックリ腰も多い時期です。

体調にお気をつけください。


新年は6日金曜日から診療致します。

本年もよろしくお願い致します。



自己紹介

プロフィール画像
本山 久司 
人体力学 井本整体
体操指導者


中・高等学校
保健体育教員免許


柔道整復師





患者さまへ
ベッドを並べてマッサージするようなことは致しません。    私が一人一人のお体を責任を持って操法(施術)いたします。
治らないと諦めている症状、鎮痛剤やマッサージで誤魔化している症状などもご相談ください。

スポーツに力を入れている方にも様々な方面でサポートできます。私自身もフルコンタクト空手とラグビーをやってきて、競技力の向上やメンテナンス、治療などを模索してきた経験があります。
競技成績
極真空手(松井派) 

2004
第6回大阪選手権  優勝

2009
兵庫県大会     優勝

2012 
全関西大会     四位

第38回全日本大会 出場




大学ラグビー

千葉県大会     優勝

関東大学ラグビー2部    
住所
〒594-0071
大阪府 和泉市府中町  5−8−17

TEL 0725-26-0044

ブログ ✍

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数