ブログ ✍

2017年2月13日 8時22分50秒 (Mon)

健康について考える

レントゲン、CT、MRIなど、



画像診断はめざましい発展を遂げています。



『体の中が見える』なんて、



昔だったら魔法です。





簡単に、しかも鮮明に見れるようになったの


凄い事です。




しかし、その魔法をつかうと命を縮めます(放射線)…


的なオチもありますが…。(⁻⁻;)




目覚ましい進歩を遂げている現代医療を



支える画像診断は病院には不可欠ですが、



率直に撮るの多すぎませんか?(^^;)





疾病やケガの見落としを防止する目的も


あると思いますが




撮影時に放射線を浴びるレントゲンやCT、



とても高額なMRI、



患者さんにリスクや負担が明らかなのに




安易に画像検査が行われているという現実。




こういう不満をあちこちで目に耳にするようになりました。



以前は言うがまま言われるがまま、ということがあったのでしょう。





「とりあえず撮っときましょう」って言われている話、


よく聞きます。



SNS用にスマホで撮影なみに軽く聞こえますね(^^;)




医療保険が点数制だから


撮っとかないと、



お薬出しとかないと、



注射うっとかないと…




なんてブラックジョークを聞いたこともありますが…



現実は、どうなのでしょうか(‐‐;)




いまほど検査機器が無い時代、



先人は体を見て、触って、聴いて知ったのです。





療術家だけでなく、お医者さんもそうだったんです。




そういう意味では、


鈍くなった部分が明らかにあるでしょう。




自分の体の事を、切った張ったも


人任せにする西洋医学的考えを



見直す部分もあると思います。








かといって



怪しい健康法やインチキ療法が



マスコミや宣伝を利用して蔓延しているので




病院以外は怪しい…というイメージを





払拭するのは難しい。






その辺はさておき…(^^;)




その画像診断についてですが、




よく「病院でヘルニアって言われました」って伺いますが、




成人がMRI撮ったら、


ほとんどの人にヘルニアが見つかるというのは



有名な話です。




腰痛になったことがなくてもです。



なくても、ですよ!




 
そのぐらいのものです。





面白い記事があります。




『2013年 Oregon Health & Science Universityの発表では、


MRIの結果を知らされなかったグループの方が、


腰痛の改善が早かった。』





撮らなきゃ早く治るよ…、という結果です(^^;)


さらに




「ヘルニアが見つかった場合、



それが痛みの本来の原因でなくても



自分はヘルニアだという事実に注目し



痛みに過敏になり、治りにくくする。』




… … …

(*_*)




さらに



『結果を知らされた方が、手術を受ける割合が高かった。』




手術が必要なケースはあるでしょうが



患者さんは痛みが無くなるならと




外科的処置を妄信し、




痛みの原因とは関係のないヘルニアの手術を




安易に受け入れてしまっているというのが現われています。






治療中にもかかわらず、




明らかに症状が悪化している場合、



画像診断も必要でしょう。





しかし画像診断の結果と症状は、





必ずしも合致するわけではないのは




もはや常識です。








不必要な手術を受けて、体を傷つけてほしくない



不必要な検査で放射線を浴びてほしくない



不必要な出費をしてほしくない、と



さらに




上手に医療を使えるように



上手にお医者さんを頼りにできるように



自分の中にはどんな力があって、なにが足りないのか



なにをどうやって養っていけば、健康に生ききれるのか、




考えてみるのも悪くないはずです。





この記事にコメントを書く










表示されている文字を入力してください
認証コード

自己紹介

プロフィール画像
本山 久司 
人体力学 井本整体
体操指導者


中・高等学校
保健体育教員免許


柔道整復師





患者さまへ
ベッドを並べてマッサージするようなことは致しません。    私が一人一人のお体を責任を持って操法(施術)いたします。
治らないと諦めている症状、鎮痛剤やマッサージで誤魔化している症状などもご相談ください。

スポーツに力を入れている方にも様々な方面でサポートできます。私自身もフルコンタクト空手とラグビーをやってきて、競技力の向上やメンテナンス、治療などを模索してきた経験があります。
競技成績
極真空手(松井派) 

2004
第6回大阪選手権  優勝

2009
兵庫県大会     優勝

2012 
全関西大会     四位

第38回全日本大会 出場




大学ラグビー

千葉県大会     優勝

関東大学ラグビー2部    
住所
〒594-0071
大阪府 和泉市府中町  5−8−17

TEL 0725-26-0044

ブログ ✍

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数