ブログ ✍

2017年6月2日 15時15分10秒 (Fri)

サプリの是非を問う

サプリの是非を問う画像 先日、食品に関する多くの著書を持つ


国立医薬品食品衛生研究所の安全情報部長


畝山智香子さんの記事を拝見しました。



そこに書いてありましたが、


『New York Times とPBS Frontlineの共同調査により、


「(米国サプリメント業界は) 国民に対し肝障害を誘発し、


少なくとも半ダースの臓器移植を必要とさせた。」と公表した。』





健康のためにと服用しているサプリによって



肝臓障害、臓器移植を招く結果になっているという事です。




数千億円産業と言われる


巨大な米国サプリメント業界が


多くの被害者を生んだというお話です。





では日本のサプリメント市場はどのくらいでしょうか?


なんと…



米国をはるかに上回る



『1兆5千億円』



驚愕の数字です。



1・5兆って…(⁻⁻;)


大きすぎて「???」ですね




1兆円をネット検索してみると



フェラーリ488GTB(3424万円相当)を


80年間 毎日買い替えられる額だそうです。



毎日 新車のフェラーリに80年間乗り換えて1兆円…



余計ピンときませんね(^^;)




さておき




わけがわからない莫大な金額がつかわれた分、



体を傷つけてしまっている方々がいるという現実です。




プラセボによって元気になる方も少なからずいるでしょうが、




多くの人々が無駄に内臓に負担をかけ



使ったお金とは反比例して



不健康へと誘われていることが悲しいです。





まさに子供から大人まで、



多種多様なサプリを摂取している現代。





3才から6才の幼児のサプリの使用率が


一割を超えているそうです。




幼児の10人に1人以上がサプリを飲んでいる


このデータ結果、ゾッとしませんか??





宣伝の効果を信じた親が



良かれと思い、飲ませているのでしょう。




ハッキリ言って、



体に良いから売られているのではなく、



マーケットが大きくて、売れるから、



根拠があいまいで、大した効果もなくても



様々な効果を謳う商品が




次から次へと出てくるのです。




アメリカでは法医学的調査により



およそ8割のサプリには



ラベル表示されたものが入っていない詐欺的行為が



広範囲で行われている事を明らかにしています。





アメリカほどではないかもしれませんが、



日本でもラベルに表示してあるものが入っていないなどと



悪質な業者の存在が、しばしばニュースになっています。



そもそも成分が入っていない事も詐欺ですが、



入っていなくて、たとえ効果がなくても、



体に負担にならなければいいのですが、



余計な濃縮された成分を摂ることで



身体が傷つけられていくことが問題なのです。





果たして




サプリなど栄養補助食品で補わないといけないほど




現代人の栄養は欠けていると思いますか?




食品を分解して要る物と要らないものを分け


吸収や排泄をしている内臓に



不自然に濃縮した栄養が必要ですか?





栄養の質が悪く、カロリーが高いものばかりとも言われますが



むしろ栄養過多であり、




足すことよりも抜く事の方が大事なのです。







幼少時代に戦中・戦後を生き抜いた方々




いまほど栄養が溢れていなかったのは明らかなのに、



逞しく感じませんか?






整体の大先生に




「昔の人はうっかりするとすぐに治ってしまった」と聞いたことがあります。





現代人はなかなか治らない。治っていく力がなくなってしまったとも言われます。





少ない栄養を吸収して、要らないものを排泄できる普通の事が





普通に行える良い体だったからでしょう。






異常気象、ライフスタイルの変化など今と昔は随分違うでしょう。



仕事の細分化によって偏った疲労があっても、


なにかとストレスにさらされる社会であっても、




刻々と変わっていく環境に



対応していかないといけないのは



自分自身の体一つです。






何かを足して乗り切るのではなく、




自分の体が環境に適応できるように




『正常』に働くように



滞りをなくすことが大切です。





栄養に関していえば、



余分なものを排泄できる力が必要で



要らない物を摂って



ため込むから体を壊してしまう。





もともと体に備わった力を




誰に教わるでもなく生まれたときから



持っている力を発揮させられるように



体を整えていくことです。





自分に備わった能力をないがしろにしていると




そのうち自分の体に裏切られてしまいますよ…





この記事にコメントを書く










表示されている文字を入力してください
認証コード

自己紹介

プロフィール画像
本山 久司 
人体力学 井本整体
体操指導者


中・高等学校
保健体育教員免許


柔道整復師





患者さまへ
ベッドを並べてマッサージするようなことは致しません。    私が一人一人のお体を責任を持って操法(施術)いたします。
治らないと諦めている症状、鎮痛剤やマッサージで誤魔化している症状などもご相談ください。

スポーツに力を入れている方にも様々な方面でサポートできます。私自身もフルコンタクト空手とラグビーをやってきて、競技力の向上やメンテナンス、治療などを模索してきた経験があります。
競技成績
極真空手(松井派) 

2004
第6回大阪選手権  優勝

2009
兵庫県大会     優勝

2012 
全関西大会     四位

第38回全日本大会 出場




大学ラグビー

千葉県大会     優勝

関東大学ラグビー2部    
住所
〒594-0071
大阪府 和泉市府中町  5−8−17

TEL 0725-26-0044

ブログ ✍

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数